専業主婦が新たにカードローン審査に通過出来るのか

専業主婦でクレジットカードのキャッシング枠は使えるという方も居ますが、新しくカードローン審査に通過してキャッシングを利用を出来るかどうかというと、業者の選び方や条件を満たす事で利用出来る可能性があります。

仕事についておらずに立場としては無職無収入状態の専業主婦ですが、審査に通ってキャッシングを利用したい場合には収入の流れを持っておく必要があり、消費者金融では本人に収入が無いと審査通過は無理でも、銀行カードローンでは配偶者の収入を証明して新たにカード発行してキャッシング出来る可能性があります。

条件設定を大まかに知っておくと、安心して申込みが出来るようになるでしょう。

「専業主婦が借入可能なパターン」

収入が無い専業主婦がカードローン審査に通ってキャッシングを新たに行うには大きく分ければ2種類の方法があります。

配偶者貸付と銀行カードローンという2種類であり、2010年に貸金業法改正から総量規制が導入されて、それからは年収の3分の1までの借入に制限設定されるようになり、さらに大手の消費者金融でも本人に収入が無いという方の申込を却下する形になりました。

ですから総量規制対象外でサービス展開している銀行カードローンと、夫婦の婚姻関係を示せば夫婦の年収の3分の1以下の借入まで可能な配偶者貸付というものは、専業主婦でもキャッシングが可能という方法になります。

「配偶者貸付利用する時の条件設定について」

配偶者貸付利用を行うには条件を満たす必要があり、配偶者に安定した収入があり、返済能力を備えている事です。

配偶者の収入を信用にして借入可能になり、必要な審査書類としては妻の本人確認書類として免許証等を準備して、他にも住民票等で夫婦である事の証明や夫の同意書、収入証明書等を準備する必要があります。

このサービスを扱っている業者は非常に少ないですし、中小の消費者金融や、クレジットカードのキャッシングサービスという事になります。
確認した上で申込を行うと良いでしょう。

「銀行カードローンで専業主婦が利用する時」

銀行カードローンは総量規制対象外であり、専業主婦でも配偶者との婚姻関係や収入証明書を提示して借入が可能になります。

大手銀行でも利用出来る為に、低金利条件でのキャッシングを利用する事も可能であり、配偶者に安定した収入がある場合は銀行カードローンに申込を行う事が望ましいです。

もちろん配偶者が安定した収入を持っていて、過去の借金歴等でトラブルもなく金融情報に傷が無い事等は必要ですが、専業主婦が借入を行いたい場合には、銀行を利用する事が安全と言えます。

主婦本人に収入があれば消費者金融でも銀行でも様々な選択肢がありますが、収入が無い場合は配偶者貸付や銀行カードローンを選択に入れて申込を行う事が望ましいですし、返済時のトラブルは連帯責任となって配偶者の信用を失う事になりますから注意が必要という事を念頭に入れて活用しましょう。

専業主婦が新たにカードローン審査に通過出来るのか
Tagged on: