総量規制では年収によって融資額が制限されます

総量規制というのは、貸金業者から借りることが出来るお金の上限金額を制限する法律のことです。貸金業者から借りることが出来る金額は年収の3分の1までと定められており、これ以上の金額を借りることは出来ません。これは一つの貸金業者からの融資に対して適用されるものではなく、全ての貸金業者からの借り入れの総額が年収の3分の1以下になるように制限されています。

総量規制では、実際に借りている金額ではなく融資枠の合計が年収の3分の1以下になるようにしなければなりません。これを超える融資をしてしまうと、貸金業者は違法とされてしまいます。その為、貸金業者のキャッシングやカードローンでは、融資希望者の年収や他社からの融資額が審査に大きな影響を与えることになります。

貸金業者に新規の融資を申し込んだ場合、年収などの点から返済能力が審査されます。この時、既に他社から少なくない融資を受けてしまっている場合、総量規制の上限金額に近い融資枠を消化してしまっている可能性があります。すると、新規で融資を受けたいと思っても、借りられる金額はほとんどなくなってしまいます。

貸金業者では、総量規制の上限金額に近い債務がある消費者に対してはあまり新規の融資を行わないのが一般的です。つまり、総量規制の対象となっている金融機関の審査を受ける場合は、他社からの債務と総量規制が審査結果を大きく左右する可能性が高いと言えるのです。

初めてキャッシングを利用する方なら、他社からの債務は抱えていないはずです。もしかしたらクレジットカードにキャッシング枠が付帯されている可能性はありますが、それほど大きな金額ではないでしょう。クレジットカードのキャッシング枠が大きいと新規のキャッシングなどの審査に影響を及ぼす可能性はありますが、限度額が小さければそれほど心配しなくても大丈夫です。

しかし、年収に対して大きすぎる融資を希望している場合は、総量規制の影響で審査に通過できなくなる可能性は否定できません。たとえば、年収が300万円の方が100万円の融資を希望したとしても、スムーズな審査通過は難しいと言わざるを得ないのです。

年収300万円に対して100万円の融資となると、総量規制で制限されている年収の3分の1ギリギリの金額になります。もしも所有するクレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば、融資希望額の100万円の融資は総量規制の限度額を超えてしまっているということになる為、絶対に行われなくなります。つまり、審査に通過できなくなる可能性が高いというわけです。

初めてキャッシングを利用する場合でも、総量規制に関する知識はきちんと持っておくことをお勧めします。総量規制の内容を正しく理解しておけば、無謀な融資を希望して審査に落ちてしまう可能性は低くなるはずです。

また、総量規制は銀行カードローンには適用されません。年収の3分の1以上の金額を借りたい場合は、貸金業者ではなく銀行に融資の申し込みをしてみるというのも一つの方法です。その選択肢を選ぶ為にも、総量規制についての最低限の知識は身につけておきましょう。

総量規制では年収によって融資額が制限されます
Tagged on: