キャッシングのお金の使い道は何でも構わない

キャッシングの審査では、お金の使い道を消費者金融から聞かれることになります。しかし、これによって審査に大きな影響を及ぼすことはないため安心して正直に答えて構いません。原則として、消費者金融が提供するキャッシングで目的として答えてはいけないのは事業資金だけです。無難に答えていれば問題なくお金を借りることが可能です。

そもそも、キャッシングを提供する消費者金融の中には学生を対象としてお金を貸している専門の業者も存在します。予備校に行くための資金や参考書に対するお金だけではなく、もっと個人的な理由でお金を借りることも可能です。

では、なぜこのようなことが断言できるのでしょうか。それは、法律によってどのような目的でもお金を借りることが出来るようになっているからです。元々、貸金業者が提供するお金は銀行のようなローンと異なって個人に対する融資として提供しているものです。企業や大手の個人事業主に対してお金を貸すことはほとんどなく、個人が趣味やその趣向のために利用することが認められています。

実際に、消費者金融が提供しているサービスには貸金業法という専用の法律が適用されます。貸金業法は、消費者に対する貸金にのみ特化した法律でこれに書かれていることに従って融資をすることが大原則となります。逆を言えば、ここに書かれていないことに関しては守る必要は無く、どのようなことであっても問題に問われることはありません。貸金業法が問題としているのは、比較的大きな融資になってしまう事業資金に関することだけであるためそれ以外の融資に関しては消費者金融の独断によって決めることが可能です。もちろん、ギャンブルに利用するなどと言ったことを正直に言ってしまうと問題になってしまいますが、別の目的を言って実際にギャンブルで多少お金を使うことは問題ないのです。

加えて貸金業法には、こうした規定だけではなくさらに安全に融資が出来るように総量規制という融資の規制に関する規定が存在します。総量規制が適用されるサービスでは、法律的に必ず融資の枠に上限が付くことになるためそれ以上の融資は消費者金融の判断であっても行うことはできません。これは当然、大きなお金を貸すことが出来ない事業資金を目的とする融資とも密接に関連しています。

貸金業法が銀行に適用される法律と最も異なるのは、こうした目的やそれに伴う審査の部分に関して銀行よりも非常に緩いということです。法律でそのようにして良いと解釈されているため実際に審査でも質問はされますがたいして影響は与えません。キャッシングの審査で大切なのは、きちんとした返済能力があるのかどうかと、他の会社からお金を借りすぎていないかどうかの二つだけです。目的がどうあれ、これらの基準を満たしていれば大半の消費者金融でお金を借りることが出来るということを知っておきましょう。銀行のローンとは全てにおいて基準が異なるので一緒に考える必要はありません。

キャッシングのお金の使い道は何でも構わない
Tagged on: