住宅ローンを検討中ならカードローンやキャッシング契約は解約した方がいい!

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、住宅ローンを契約する場合、解約しておくことが審査通過のポイントとなっています。しかし、解約すると改めて契約を申し込んだ場合、審査結果に不利になるのではないかと心配になります。しかし、契約者から解約申請を行っても信用情報に悪影響の与えるものとはなりません。

また、審査落ちしたわけではないため、再度審査を受けても審査に通過する可能性はしっかりと残ります。審査落ちした場合、同じ金融機関へ申し込んでも同じ結果となりますが、完済後の解約であれば影響を受けません。さらに、消費者金融の場合は過去に取引契約があった場合は、会員情報が残っているため、再契約する事も可能です。

契約手続きに手間が掛かる、再契約する際の審査で落ちないか不安と考えますが、金融機関には迷惑を掛けることにはならず、再契約自体も利益確保に繋がります。住宅ローンの契約とキャッシング契約は、それぞれ影響しあうものとなるため、その都度適切な対応がポイントになっています。

また、クレジットカードのキャッシング枠も必要になった時にインターネットから簡単に手続きが可能であり、ちょっとした金額のキャッシングでは、こちらを優先的に利用するのも得策です。

住宅ローンを検討中ならカードローンやキャッシング契約は解約した方がいい!