キャッシングの借り換えタイミングは利用規約に注意しよう

カードローンの多くが資金用途自由としているものの、明確に借り換え目的での利用を禁止していることがあります。利用規約に明記されていれば、違反したことが発覚した時点で強制解約や一括返済を求められる可能性があるので、注意しなければなりません。なぜなら、金融業者の中には借り換え専用ローンを別途用意していることが多いので、借り換え目的ならば目的別ローンを利用すべきという方針があるからです。

しかし、現在借入中の金利設定よりも数%金利が低ければ、借り換えした方が総利息を減らせるでしょう。利息総額が少なくなれば、返済が楽になると考えられるので、カードローンに申込んでみて審査に通過した時点が借り換えタイミングとなるわけです。ポイントとなるのは、借り換え目的と金融業者側に悟られないようにする必要があり、個人信用情報機関へ登録されている信用情報から借り換えたと見破られないように時期を工夫する必要があります。借入額と同額をそっくり他社への返済に充ててしまうと、すぐに信用情報照会から借り換えが判明してしまうので、金額を揃えず複数回に分けて日にちもズラして行なうことが望ましいでしょう。明らかな借り換えとバレなければ、大目に見てもらえることが多いです。

キャッシングの借り換えタイミングは利用規約に注意しよう