銀行ローンと消費者金融からのキャッシングの違い

一般的にお金を借りる方法として利用されているのは消費者金融からのキャッシングか銀行系カードローンになります。この両方共が急な出費などがあった際には非常に心強い味方になるのですが、どちらが良いのか理解しきれていない方も多くなります。

まず、基本的に少額のキャッシングであれば消費者金融の方がメリットは大きくなります。と言うのも消費者金融はどの町でも駅前などに存在している事が多いので返済しやすいですし、総量規制を考えてみても少額であれば問題にはなりません。

一方、銀行系カードローンの場合は比較的大きな金額のキャッシングに利用した方が良いとされています。こちらは総量規制が適用されない事が理由になっていて、年収の三分の一を超えるような金額であっても返済可能であればキャッシングできます。

また、この総量規制が適用されないと言うのは専業主婦にとっても有利になっています。年収がいくらであれ返済が見込めるのであれば貸し付ける形になりますので、基本的に収入がゼロである専業主婦でも総量規制に縛られる消費者金融と違ってキャッシングが可能になっています。

なお特に最近では女性に有利になるサービスも行われていますので、基本的に女性であれば銀行系カードローンの方がメリットは大きいと言えます。

銀行ローンと消費者金融からのキャッシングの違い