専業主婦のキャッシング、銀行の自主規制で益々借りにくくなる時代に

都銀を中心とした銀行カードローンが審査において、現在のルールがない状態から銀行業界の自主規制で一定の基準を設けようと行った報道がなされています。

一番多くの影響を受けそうなのが、専業主婦の方の様です。

現在、銀行カードローンは年収に対して何の法律にも縛られておらず、収入が無い状態でも審査に通すことが可能です。

収入が無い人に貸すということは色々と諸問題や倫理性にかけると言った批判もあり、銀行同士で年収の2分の1程度までの上限を決める可能性があります。

もし、この上限値が自主規制ルールとして作られた場合、収入ゼロの専業主婦の方は銀行カードローンの審査に通らなくなってきてしまいます。

頼みの綱は消費者金融ですが、消費者金融は貸金業法に縛られ、専業主婦の方に融資する場合はその特例を使わなければならず、作業が煩雑になるため取り扱い金融機関は絞られてきています。

こうなってしまうと、専業主婦の方で借入を行うのは極めて難しい状態になり、仮に借りれたとしても手続きが複雑で時間がかかる様になるでしょう。

現在専業主婦の方銀行カードローンの借入がある人は、今後枠の縮小の可能性がある為注意しておいた方が無難ですので、今のうちから用意しましょう。

専業主婦のキャッシング、銀行の自主規制で益々借りにくくなる時代に
Tagged on: