とても便利になったキャッシングの本人確認

キャッシングの申し込みをするためには、当然ながら身分の確認のための書類を提出する必要があります。

本人確認のために必要な書類は、基本的には運転免許証一枚があれば大丈夫です。

そのほかの公的書類(健康保険証、パスポートなど)をメインにする場合、そのほかに補助的な書類が必要になる場合があります。例えば、その身分証明書に記載されている住所の電気・ガスの請求書などが代表的です。

それらの書類を揃えたら、これをキャッシング会社に提出をする必要があります。

この提出方法は、今までは基本的に郵送で行うしかありませんでした。

しかし、郵送で行うとまず返信用の封筒などが自宅に届く事があるので、その封筒の差出人の名前を家族がみてしまい、キャッシングの申込をこれからしようと思っている事がバレてしまうかもしれません。

しかし最近の本人確認は、携帯・スマートフォンのカメラで自分の運転免許証などを撮影し、その写真のデータをメールなどでキャッシング会社に送るだけでオーケー、というところも増えています。

これなら郵送のやりとりもなく便利だし、手続きもスピーディーにいくのでとても助かります。

あるキャッシング会社に申込したときは、結局一切の郵便物は届きませんでした。

家族にはこっそり内緒で借りたい人にはおすすめです。

なお会社により対応が異なる場合があるのでよく事前に確認してくださいね。

とても便利になったキャッシングの本人確認
Tagged on: